16年越しの念願叶う……15’ストラディックC3000HGを購入!

  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly

「過去のリールをお使いですか?」
「はい、それもかなり過去のリールを……」

と、毎度釣り友ヤモリヤ氏に小バカにされ続けたアタクシの愛機「00’バイオマスター」の3000番。

かつてホワイトボディーで一世を風靡した(そうなの?)バイオマスターがデザインリニューアルしてシルバーカラーのボディーとなった00’バイオマスター。今なおこのデザインがかなりのお気に入り。気に入りすぎて、中古で見かけた1000番もお買い上げして現在も愛用中。(過去のリールをお使いデス。)

そうこうしているうちに、バイオマスターという名前は消え、ストラディックという“男ん中の男”っぽい名前へと変わったのを機に、このたび16年ぶりにシーバス用リールを新調することにしました。(とはいえ発売してから1年以上、悩みに悩んでの決断……)

 

サヨナラ、00’バイオマスター3000

15’ストラディックC3000HGが手元に来てからも、16年間愛用した00’バイオマスター愛は変わりません。今でもバリバリ現役使えます、そして使います!にしてもこのデザインカッコいいな~(しつこい 笑)

00'バイオマスターと15'ストラディック

00’バイオマスターと15’ストラディック

シーバス釣行には新調した15’ストラディックC3000HGをメインに使用していますが、メバル釣行には今後も00’バイオマスター1000を使用予定。(もちろん本音ではこちらも新調したいですが……)これからもヨロシクね、バイオ君。

 

15’ストラディックC3000HG、開封の儀

本体と付属品

本体と付属品

箱を開け、早速開封。
本体の他には説明書、ワッシャー、透明シールが付属。
透明シールの用途に迷いましたが、結び目に糸絡みが無いようスプールにラインを結んだ箇所と、下糸と本糸の連結部分にピタッと貼りました。

 

「15’ストラディックC3000HG」スペック

ギア比 6.0
実用ドラグ力 3.5kg
最大ドラグ力 9.0kg
自重 230g
スプール寸法(径) 46.5mm
スプール寸法(ストローク) 14.5mm
糸巻量(ナイロン) 2.5号-180m,3号-150m,4号-100m
糸巻量(フロロ) 2.5号-160m,3号-130m,4号-100m
糸巻量(PE) 1号-400m,1.5号-270m,2号-180m
最大巻上長(ハンドル1回転) 88cm
ハンドル長 55mm
ベアリング数 6
ローラー 1

 

15’ストラディックC3000HGのインプレ

永遠に変わらない巻き心地”のキャッチコピーでお馴染み「HAGANE」ギアを採用した15’ストラディック。

正面:15'ストラディックC3000HG

正面:15’ストラディックC3000HG

側面:15'ストラディックC3000HG

側面:15’ストラディックC3000HG

 

「15’ストラディック」の特徴としては以下の3つ!

  • 超耐久性を実現する精密霊感鍛造でつくられた「HAGANEギア
  • パワーとなめらかなリーリングを両立する「X-SHIP
  • 不意の衝撃に耐える高剛性を確保する「HAGANEボディ

これらを活かして、リール自体の強度と滑らかな巻心地を実現しているとのこと。

 

実際に使ってみた感想

(00’バイオマスターとの比較で参考にならないかもしれませんが……)

良かったところ

  • 同ロッド/同ルアーを使って比較をしても、明らかに飛距離が伸びた。
  • 明らかに軽くなって、投げ疲れがしなくなった。
  • ロッドは変えていないのに、感度が良くなった気がする。
  • 00’バイオで頻発していたバックラッシュがしなくなった。
  • 新しくてカッコいい。

気になるところ

  • 巻心地が想像していたよりちょびっと重めで、ややシャーシャー音がする。

巻き心地が永遠に変わらないとするならば、この巻き心地が永遠なのか……
…ムムゥ。

 

購入する際に試し巻きをさせてもらい

「使っているうちにグリスが馴染んでシャーシャーしなくなるのかな?」
「HAGANEギアってこうゆうものなのかな?」

などと思い悩み、キャスティングの店員さんに尋ねてみたところ、

「ハイギアモデルだとこれくらいのシャーシャー音はしますよ~」
「これはストラディックだからとか、HAGANEギアだからとか、シマノだからとかではなく、ステラでもハイギアだとこれくらいの音はしますよ」

とのこと。

なるほどそうゆうモンなのか……と納得し購入はしたものの、期待していたシルキーさとはちょっと違っていたので、なんとも……しかしハイギアが欲しかったので、今となっては割り切って使わせて頂いています!

実際に魚を掛けた際、ドラグの効き方がなんともグッドで感動!
シャーシャー音ばかりがついつい気になっていましたが、性能としてはかなりイイ感じ!「HAGANEギア」「X-SHIP」「HAGANEボディ」などシマノの上位機種機能が満載のうえ、1万円台で購入することができるコストパフォーマンスはかなり良い感じ!

デザインも良く、ドラグ音もイイ感じ。
貧乏人にも一生懸命節制すれば手の届く価格帯。「15’ストラディック」この先ふたたびの16年……そして永遠に変わらない巻き心地で永遠に(ホント?)使い倒していきたいと思います。

これからヨロシク!「15’ストラディックC3000HG」

 

15’ストラディックC3000HG

スポンサーリンク

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly
ブログランキングに参加しています
  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
  • ブログランキング
  • 釣り・フィッシング ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ARCHIVE
アーカイブ
SEARCH
サイト内検索

AUTHOR
著者

ノリマキ

ノリマキ
三浦半島の釣れない方(西側)に生息。ごはんを食べたり作ったり。 ソルトルアーフィッシング(シーバス/メバリング/エギング等)を中心に活動。 数年前から年甲斐もなくブラックバス釣りをはじめました。 釣りをしてもなかなか釣れず、反省会と称してラーメンを食べています。 どなたかワタクシに魚の釣り方を教えてください。 釣り場やラーメン屋(?)などでお会いした際にはお気軽にお声掛け頂けると嬉しいです!
  • Twitter
  • facebook
  • Instagram